So-net無料ブログ作成
新規事業 ブログトップ
前の7件 | -

『ブロックチェーン技術の活用~共通ポイントの流動化~』 [新規事業]

291213-2



近い将来、コンビニエンスストアのセブンイレブンのレジで、「支払い方法はどうしますか?」「Tポイントをnanako(ナナコ)に換えますので、それでお願いします。」とった会話が交わされるかもしれないという。

このようなサービスを展開する中核技術が仮想通貨でも使われている「ブロックチェーン技術」。


アメリカでは、異なった種類のポイントなどを即時交換できるサービスのプロジェクトがスタートしており、まだ、試作段階とのことであるが、2018年のサービスインを目指しているという。

すでに共通ポイント同士をネットで交換できるようにはなっているが、面倒な手続きが必要なうえ、実際にポイントを交換できるまで数週間かかるといった不便さがあった。

これらを解決するサービスとしても注目を集める。

また、将来的に地方自治体が発行している地域通貨とポイントが交換可能となれば、地域通貨の使い勝手がよくなり、経済に与える波及効果も大きくなる可能性を秘める。




ブロックチェーンとは

ブロックチェーンはネットワークでつながった複数の参加者で取引記録を共有して蓄積する仕組み。

取引記録をサーバーで一括管理する従来の仕組みでは、システムを構築するのに多額の資金と時間が必要だったが、ブロックチェーンを使ったシステムでは、サーバーで一括管理する代わりに、すべての参加者のコンピューターが取引記録を共有する。

コンピューター同士がポイントの増減を記録しあうので、もし、コンピューターの1つがダウンしても、他のコンピューターに同じ記録が残っているため、問題は起きない。

サーバーで一括管理するシステムでは、サーバーがダウンしてしまうとシステム全体が稼働しなくなるが、ブロックチェーンはセキュリティーの水準を保ちながら、コストを劇的に下げられる可能性がある。

291213-1



共通ポイントの市場

共通ポイント業界は群雄割拠の時代を迎えており、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)のTポイントと三菱商事系が運営するポンタ、楽天の「楽天スーパーポイント」の3陣営がしのぎを削る構図でした。

その後、2015年にNTTドコモが「dポイント」を開始し、イオンも2016年に「WAONポイント」で加わった。

大手研究所によると、家電量販店や携帯電話といった国内11業界の主要企業が発行したポイントとマイレージの発行額は2014年度に約8,500億円に達しているという。

クレジットカードやネット通販、コンビニ業界などでポイント発行が増えるとみており、2020年度には1兆円を超えると予測されている。




まとめ

スマートフォンのアプリなどを使ってポイント同士を瞬時に交換できるようになるとポイントがどこでも使えるようになり、新たな決済手段として普及する可能性があります。

ビットコインなどの仮想通貨も含め、ブロックチェーン技術の普及が決済手段も大きく変えるかもしれませんね。 
お問い合わせはコチラ
お問い合わせ.jpg



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

『新たなマーケットを開拓する飲食事業』 [新規事業]

291101-1


飲食事業は夢と希望を与える素晴らしい事業である反面、競争過多で事業のライフサイクルも短い点がリスクとして挙げられます。

そこで、アイデアとマーケットを絞った飲食事業を展開する新たな試みも行われています。



新業態へのチャレンジ

ある企業では、「肉×カフェ」という全くの新しい業態へチャレンジし盛況している飲食店を営む。

この飲食店は、朝食、昼食、カフェタイム、夜の4つの時間帯でメニューを変えている点が特徴という。

朝食に肉料理?と感じる方も多いと思うのですが、カフェ+ハンバーガーやカフェ+ホットドッグといったメニューを安価に提供できる仕組みをつくり新たなマーケットをつくろうとしている。

カフェの利益率が高いため、本格的に作り上げたハンバーガーやホットドッグを安価に提供できる仕組みで挑む。


291101-2


健康マーケットの開拓

スポーツ選手やスポーツに興味を持つ消費者をターゲットにしたビジネスモデルを構築している飲食店もある。

スポーツ栄養学の専門家がメニューを考案し、手ごろな値段でメニューを提供。

店内にはシャワールームも設け、ウォーキングやジョギング中の方でも立ち寄れるよう工夫している。

また、売上の一部をオリンピック出場を狙うような選手の強化費用として提供することも行なっているという。

健康ブームや東京オリンピックの開催など、スポーツに関するムードは盛り上がりを見せています。

自身の健康管理に加え、東京オリンピックを応援する仕組み創りがとても面白いビジネスモデルになっている。




まとめ

今後も様々な分野で、アイデアとマーケットを絞った事業創造が新たなチャンスに繋がり、新たな価値の提供が行われることに期待ですね! 


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

『外貨両替事業への参入でインバウンド強化』 [新規事業]

291004-1


2016年度、訪日外国人旅行者数は過去最高の2,400万人を超えました。
2020年に予定される東京オリンピック・パラリンピックを控え、訪日外国人旅行者数はさらなる増加が見込まれています。

一方、海外のガイドブックでは日本への旅行時の注意点として、クレジットカード取扱店と両替所が少ない、といったことが記載されているのが現状。

近年の外国人旅行者数増加に伴い、注目が高まるインバウンド事業。
中でも外貨両替に対する需要は年々高まっています。

そこで今回は、手間なく運用できる外貨自動両替事業を紹介したいと思います。

続きを読む




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

『稼げる農業へ~農業競争力強化プログラム~』 [新規事業]

290906-1


毎年2兆円を超える予算を投入していながら、耕作放棄地は増え、農業従事者も減り続ける産業となってしまってる農業。

農林水産業によると、農業就業人口は1995年の414万人から20年後の2015年には210万人と半減し、農業所得は1994年の4.6兆円から20年後の2014年には2.8兆円と4割近く落ち込んでいる。

そこで今回は待った無しの状況となっている農業改革が進もうとしている方向性について見てみたいと思います。




農業競争力強化プログラムの概要

農業競争力強化プログラムは、平成28年11月、自由に農業経営ができる環境をつくり農業の構造的な問題を解決し、農業従事者の所得向上を図るために決定されたプログラムで、13項目からなる。


1.生産資材価格の引下げ
(肥料、農薬、機械、飼料など)
■生産資材価格の引下げ
○国際水準への価格引下げを目指す
○生産資材業界の業界再編の推進
○生産資材に関する法規制の見直し
○国の責務、業界再編に向けた推進手法等
を明記した法整備を推進

■全農改革(生産資材の買い方の見直し)
全農は、
○農業者の立場に立って、共同購入のメリットを最大化
○外部の有為な人材も登用し、資材メーカーと的確に交渉できる少数精鋭の組織に転換
○入札等により資材を有利に調達
○農協改革集中推進期間に十分な成果が出るよう年次計画を立てて改革に取り組む


2.流通・加工の構造改革
(卸売市場関係業者、米卸売業者、量販店など)

続きを読む




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

『金融の電子化~デジタル通貨・仮想通貨~』 [新規事業]

290823-1


ITの普及でビットコインなどの仮想通貨が存在感を強めるほか、世界の中央銀行が発行を目指す「デジタル通貨」の実用化へ向けた動きなども加速しています。

そこで今回は、金融の電子化へ向けた動きについて見てみたいと思います。

続きを読む




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

『変化へのチャレンジ!~新規事業・企業再生~』 [新規事業]

290329-1


自分自身に「変化」という言葉でイメージできる事は何だろう? と考えてみると
・自分自身の変化(考え方や行動などの内的要因) 
・環境の変化(外的要因)
などが想い浮かびます。

続きを読む




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

『発想を変えてみませんか?~事業創造~』 [新規事業]

290405-1


新しいモノを作ったり、新しい売り方を考えたり・・・
新たな事業を創造するには発想の転換が大切です。



先日、ある製造業の社長からこのようなお話がありました。

良いモノを作る(長持ちするもの)と、需要がなかなか出てこなくなるので、そのへんも考えながらモノを作ってるんです・・・と。

モノを作る側からするとそういう発想になるのかもしれませんが、それでは消費者の心に響くモノを提供できない(売れない)のではと私は思います。




事業というのは、モノを作り販売できてようやく形になります。

続きを読む




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
前の7件 | - 新規事業 ブログトップ