So-net無料ブログ作成
検索選択
新規事業 ブログトップ
前の7件 | -

『知っておきたい法改正2017年~個人情報・消費者契約』 [新規事業]

290315-1


企業活動に関わる法律の中で、2017年に法改正されるものに個人情報保護法と消費者契約法があります。
そこで今回は、この2つの法改正の概略について見てみたいと思います。

続きを読む




スポンサードリンク



『2017年度以降の固定価格買取制度~再生可能エネルギー~』 [新規事業]

290308-1


今年も早いもので、来月から2017年度がスタートします。
新規事業として再生可能エネルギーによる売電事業を開始した企業も多くなりました。

そこで、今回は2017年度以降、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)がどのように推移していくのかについて見てみたいと思います。

続きを読む




スポンサードリンク



『フィンテックで金融変革を!』 [新規事業]

290301-1


 金融とテクノロジーを融合した「フィンテック」が急速に進展し、金融市場で大きな変革をもたらしています。

続きを読む




スポンサードリンク



『空き時間を売る~副業で人生経営を支える~』 [新規事業]

290201-1


少子高齢化などの影響で年金制度に課題を抱える我が国において、「自分の人生は自分で守る」手段の1つとして「副業」というものに関心が集まりつつあります。

そこで今回は、空き時間を売る副業をテーマに少し書いてみたいと思います。




副業を認める企業の状況

就業規則で副業を禁止する企業はまだまだ多いが、IT業界では社員の副業を認めることで従業員のやる気や個性を引き出したり、自律性や能力を高めることを目的とした副業を認める動きが広がりを見せています。

例えば、あるIT企業では、社員が会社のブランドなどを貶めないなどの条件を満たせば申請もせずに副業を認めるといった制度を導入。
副業として農業に従事したりといった社員もいるという。

また、大手企業では、時間外や休日に副業できる制度を導入し、副業での経験を本業に反映するといった社員も出てきているとか。

一方、企業が副業先を求める技術者などを受け入れるケースも出てきており、多様な働き方を認める動きが拡大していくことに期待が集まる。




主婦の副業

家庭での空き時間を使って、独身男性に料理を提供するといったビジネスを始める主婦も出てきています。

独身男性から見ると、家政婦を雇うより安い料金で料理を作ってもらえ、栄養面でも偏りを無くせるといった点で利用価値が高まる。

一方、主婦にとっては、時間に拘束されることなく空いた時間を有効に使え、且つ収入面も増えるといった利点があるようだ。

このように「空き時間を売りたい人」と「サービスを受けたい人」とをマッチングするサービスは、今後も広がりを見せるかもしれません。

290201-2



シェアというキーワード

民泊やカーシェアなど、茲許シェアというキーワードがビジネスモデルとして普及していることは皆さんも感じておられると思います。

なかなか給料が増えない時代の中、働き方も空き時間を自由にシェアできるようになれば、働き方を大きく変えられる可能性を秘める。

ITの普及で、自宅に居ながら人それぞれのノウハウや技術を教え、収入に変えられる「副業ビジネス」は、やがては「主業」に変わる可能性もある。

独立が全てではありませんが、副業から始めることで起業リスクを抑えながら事業を始められるといった利点もある。

まだまだ「シェア」というキーワードのビジネスモデルや「シェア」をサポートする事業などはビジネスチャンスがあるかもしれませんね。




まとめ

大企業でも倒産する時代であり、働き方も大きな変化を求められる時代になってきているのかもしれません。

副業ビジネスなどが広がれば、そこに競争力が生まれ、経営者は社員を今まで以上に大切にし、社員にとっては自立に目覚めるきっかけにも繋がる。

年金問題という観点から見ても、自立した事業を持てるようになると、高齢者になっても働ける環境がより整い、年金に頼らなくても生活できるといった人が増えることで解決に繋がる策の1つになるかもしれません。

また、やりがいや社会との関わりを持ち続けることは健康面でもプラスに働くことが考えられます。

私も長くサラリーマンをしてきたので色々感じる所があり、副業を認める動きはとても良い方向に向かっているのではと思料します。




 


スポンサードリンク



『空き時間を売る~副業で人生経営を支える~』 [新規事業]

290201-1


少子高齢化などの影響で年金制度に課題を抱える我が国において、「自分の人生は自分で守る」手段の1つとして「副業」というものに関心が集まりつつあります。

そこで今回は、空き時間を売る副業をテーマに少し書いてみたいと思います。

続きを読む




スポンサードリンク



『空き家・古民家の再生へ向けた動き』 [新規事業]

281207-1


全国の空き家は約820万戸とこの20年で1.8倍増えていると言われています。

そこで、空き家・古民家を再生、活用する動きや規制緩和策が打ち出されており、今回はその内容について見てみたいと思います。




耐震改修し賃貸へ

住友林業の子会社である住友林業ホームテックがリフォームした木造空き家物件に対し、「移住・住みかえ支援機構」が借り上げ、賃料を35年間保証するといったサービスが開始されています。

移住・住みかえ支援機構が見つけた借主から得た家賃のうち、15%を機構が積立金として受け取り、85%が持ち主の賃料収入となる。
物件の立地や間取りなどを考慮し、月額3~7万円の最低賃料を決め、35年間定額が保証される。
半年が過ぎても借主が見つからない場合でも、7ヵ月目から機構が賃料を支払う仕組みとなっている。

地方においては家賃相場が比較的低いため、リフォームをためらう持ち主も多いが、定額の家賃保証が付与されることで改修及び賃貸に出しやすくし、危険な空き家を減らすことにも繋げる。




不動産特定共同事業法の改正

国土交通省は、不動産特定共同事業法の規制緩和を検討中。

不動産特定共同事業法とは、投資家から出資を募り不動産を取得、テナントに貸し出したり改装後売却したりして得た収益を投資家に配分する事業を行う際に必要な許可。

現行ではこの許可を得るために必要な最低資本金が1億円となっているが、これを1,000万円に下げ、まちづくり会社やNPOなどが参入しやすくしようとしている。

規制緩和が検討されている内容ですが、
・投資額に一定の上限を設け、規模の小さい案件は許可の要件を資本金1,000万円に下げる。
・ネット上での書類のやり取りを認める。
といったもの。

クラウドファンディングの活用も可能となり、空き家や古民家の再生事業への参入を促す。

2017年の通常国会での改正案提出を目指す。

281207-2



補助金の活用

2016年度の2次補正予算として、既存住宅流通・リフォーム市場の活性化予算が250億円が盛り込まれており、中古住宅を購入する際、必要なリフォーム工事の費用として1件あたり最大50万円を補助する制度が創設される。

補助の対象となるのは、自分が住むために中古住宅を購入する40歳未満が対象。

このほか、各自治体でも空き家活用へ向けた補助制度が立ち上がっており、近畿圏では奈良県奈良市が1件あたり最大400万円、大阪府豊中市では一戸建てで上限200万円、共同住宅で500万円を補助する事業が開始されている。




まとめ

人口減少が進む我が国において、空き家や古民家の再生は今後もビジネスチャンスが広がる分野と思料します。

規制緩和の動きなどを見ながら新規事業として検討されてみるもの面白いかもしれませんね。



 


スポンサードリンク



『空き家・古民家の再生へ向けた動き』 [新規事業]

281207-1


全国の空き家は約820万戸とこの20年で1.8倍増えていると言われています。

そこで、空き家・古民家を再生、活用する動きや規制緩和策が打ち出されており、今回はその内容について見てみたいと思います。

続きを読む




スポンサードリンク



前の7件 | - 新規事業 ブログトップ