So-net無料ブログ作成
検索選択
成長産業 ブログトップ
前の7件 | -

『新たなITインフラとして注目~ブロックチェーン~』 [成長産業]

280222-1


ブロックチェーンという言葉を聞くと、仮想通貨ビットコインを思い浮かべる方も少なくないかと思います。

そのブロックチェーンという技術を使い、データを安全に管理するサービスを提供する動きに注目が集まっています。






スポンサードリンク



『ドローンの商用利用へ向けた動き』 [成長産業]

281116-1



茲許、ドローンの商用利用に関する情報が増えてきました。
ドローンを利用すればこれまでの手段に比べて大幅に安いコストで航空写真やビデオの撮影ができ、耕作地の調査や建設現場管理、捜索救助活動、航空調査、映画制作、消防といった分野での活用が期待されます。

そこで、今回はドローンに関する世界的な動きについて少し見てみたいと思います。

続きを読む




スポンサードリンク



『ドローンの商用利用へ向けた動き』 [成長産業]

281116-1



茲許、ドローンの商用利用に関する情報が増えてきました。
ドローンを利用すればこれまでの手段に比べて大幅に安いコストで航空写真やビデオの撮影ができ、耕作地の調査や建設現場管理、捜索救助活動、航空調査、映画制作、消防といった分野での活用が期待されます。

そこで、今回はドローンに関する世界的な動きについて少し見てみたいと思います。




ドローンの商用利用~アメリカ~


ドローンの商用利用に関して米連邦航空委員会(FAA)が発表していた新しいルールが2016年8月から適用されているのですが、農業や損害保険など新たな分野でのドローン利用が活発化する可能性が浮上しているようです。

FAAはこの新ルールで、従来商用ドローンの運行者に義務付けていた「(航空機)パイロット免許の保有」という条件をなくし、運行・操縦に必要とされる知識の有無を調べるテストの合格者に資格証明書を交付するといった変更を実施することで、ドローンの運行に関する敷居を引き下げている。

但し、運行が認められるドローンのサイズ(25kg未満)や飛行高度(地上から400フィート以下)、パイロットの目の届く範囲での飛行、夜間の飛行禁止といった制限は従来通り。

新ルールの適用でほとんどの商用利用が枠内に収まることとなり、新ルールで受験が義務づけられるドローン運用テストへの申し込み数は3,000件を超え、また商用ドローンの運行者として登録済みの事業者の数も約2万社に上っているという。




ドローン操縦の民間資格認定~日本~

10時間以上のドローン飛行操縦を経験したうえで、修了試験に合格すれば、産官学のドローン産業関係者でつくる一般社団法人「日本UAS産業振興協議会」(JUIDA)から、操縦者の資格証明がもらえる制度がある。

さらに、追加で講習を受けると、「安全運航管理者」の資格ももらえるという。

重量200グラム以上のドローンについて、都市部上空などでの飛行は、国土交通大臣の許可を要するとされています。

また、飛行が許される場合でも、夜間飛行や目視外の飛行、人や建物の30メートル以内に接近する飛行などについては、国土交通大臣の承認を要するとされています。

現状では「資格認定」の制度しかありませんが、ドローンの普及が広がれば「公的資格」の免許制度が立ち上がることも考えられる。
 

281116-2





ドローンを使った配達テストに成功

ドミノピザは、ドローンによるピザ配達サービスのテストをニュージーランドで行い、実施に成功しています。

実際の顧客を対象としたテスト飛行も行われ、テスト飛行に使用したドローンは、米ドローンメーカー・フラーティー(Flirtey)が開発。

ニュージーランド政府が施行するいくつかの規制さえ解決されれば、ピザ配達にドローンを導入することが実現可能となる。

現在ニュージーランドでは、ドローンはオペレーターの視界から外れることはできないため、ドミノピザは、この規定を緩和することをニュージーランド当局と協議している。

また、米セブンイレブンも、フラーティーのドローンを利用して、コーヒー、ドーナツ、チキンサンドイッチなどを配達するテストを成功させている。




「空の産業革命」ロボット・ドローンの評価基準策定 

災害調査やビジネスの現場で水中・陸上ロボットや小型無人機「ドローン」の活用が期待される中、政府が性能の評価基準を策定するとしている。
走行距離や耐久性などの性能を項目別に数段階で評価し、その結果を公表する方針。

企業や役所などが機器を導入する際、評価を参考にすれば目的に見合った製品を選びやすくなり、平成29年度中に策定、30年度以降に運用開始を予定。

基準作りは新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)を中心に、パナソニック、三菱重工業、富士通など企業10社と大学などの有識者も参加し、産官学が連携して進めるとしている。

評価は、土砂崩れやトンネル崩落などの災害調査・ダムや橋などインフラ施設の保守点検・宅配など物流サービス-の3分野で使われる機器を対象とする。

いずれも市場の拡大が予想され、とりわけドローンを使った物流ビジネスは「空の産業革命」を起こすと期待が高まっている。

インフラ保守の分野では、高度なセンサーを備えたロボットの開発が進んでいる。

例えば、富士通は、橋を上空からドローンで撮影し、老朽化の進行を解析するサービスの展開を検討。
パナソニックは、ダムの壁面の状況を水中で撮影できるロボットを開発した。三菱重工と千葉工業大は、遠隔操作可能な陸上ロボットを発表している。

評価基準には、機体の安全性のほか、飛行・走行距離、耐久性、省エネ性能、遠隔操作の技術力など複数の項目を設定。
強風の中でドローンを飛ばしたり、障害物や浸水のある路上でロボットを使用したりと、過酷な環境で性能を確認する手法も決める。

ロボットなどの評価基準づくりは、NEDOを中心に介護など生活支援分野でも進められており、性能の明確化で、開発競争や実用化に弾みがつくことが期待されている。


 


スポンサードリンク



『日本の活力となるか~続々と設立されるファンドマネー~』 [成長産業]

281019-1


ゼロ金利政策の影響で行き場を模索するマネーですが、金融機関ではファンドを活用し、成長産業や震災復興などへリスクマネーの提供を行おうとする動きが加速しています。
今回は、これらの動きについていくつか見てみたいと思います。




日本風力開発ジョイントファンド

日本政策投資銀行(DBJ)と日本風力開発は、国内の風力発電設備に投資するファンドの運用を始めた。

資産規模は約350億円。売電収益を出資者らに分配する仕組みで、電力の固定価格買い取り制度を生かして高い利回りを目指す。

日本風力開発から15カ所の風力発電施設(風車100基分)を取得。日本風力開発は売却で得た資金を元に発電施設の新規開発を加速させる。

350億円のうち239億円はDBJが融資しているが、今後は地方銀行などからのプロジェクトファイナンス(事業融資)に切り替えるとしている。
事業融資について格付投資情報センター(R&I)からトリプルBの格付けを取得。

DBJと日本風力開発が出資している残りの100億円強についても外部からの出資を募る。
機関投資家が主体となる見通しであるが、東証のインフラファンド市場への上場も検討しており、実現すれば個人投資家も出資可能となる。




こうべしんきんステップアップファンド

神戸信用金庫は、フューチャーベンチャーキャピタルと共同で、雇用創出を目的とする新投資ファンドを創設する。

昨年創設した「地域再興ファンド」(総額5,000万円)で公募・投資した6社の経営が順調に推移している模様で、新ファンドでも投資先の発掘を進めるとしている。

新ファンド「こうべしんきんステップアップファンド」(存続期間15年)は神戸信金が4,900万円、フューチャーが100万円をそれぞれ出資し、計5,000万円でスタート。

新分野への挑戦や事業の拡大で雇用創出が見込める企業を選定し、1社1,000万円を上限に投資する。

神戸信金は資金の効率性を考え、2017~20年度の4年間、前年度の純利益の5%(上限5,000万円)を新ファンドに毎年追加出資する。

追加出資型ファンドは全国的に珍しく、起業家を育成する新たな動きとして注目を集める。

 

281019-2





熊本地震復興ファンド

九州フィナンシャルグループ(FG)の肥後銀行(熊本市)は、熊本地震で被災した熊本県の企業を支援するため、総額300億円規模の地震復興ファンドを他の金融機関などと共同で創設。

九州FGの鹿児島銀行(鹿児島市)、日本政策投資銀行などと共同出資する中堅企業以上を対象にした「くまもと復興応援ファンド」(100億円)、鹿児島銀、中小企業基盤整備機構などと共同出資する中小企業などを対象にした「くまもと未来創生ファンド」(50億円)の2つのファンドは、いずれも肥後銀が総額の40%を出資しそれぞれ設立。

また、政府系ファンドの地域経済活性化支援機構や熊本県内の金融機関と共同出資する「熊本地震再生支援ファンド」(上限50億円)と、同支援機構、九州各県の主要行と共同出資する「九州広域復興支援ファンド」(117億円)も立ち上がるなど、復興へ向けた動きが加速している。




小規模企業の事業承継支援ファンド

北海道は北洋銀行、北海道銀行など道内地銀や信用金庫と共同でファンドを設立し、後継者不足に悩む道内の小規模企業の事業承継を支援する。

小規模企業の事業承継に焦点を当てたファンドは珍しく、このファンドの設立は、北海道が施行した「小規模企業振興条例」に基づく事業となる。

2017年2月の設立を目指し、規模は5億円程度となる見込み。
具体的には後継者不足に悩んでいる小規模企業の株式を1社3,000万円を上限に取得し、中小企業診断士などを派遣する。
支援する期間は最大10年で、事業承継が軌道に乗った段階で派遣を終わらせ、新しい経営者に株式を買い戻してもらうとしている。

北海道や金融機関はこの事業をモデルケースに位置付け、市町村や各地の信用金庫が主体となって地域ごとにファンドを設立するなど、全道的な支援事業の拡充に結びつけたい考え。




まとめ

茲許、地方銀行の動きにフォーカスされた情報が飛び交っていますが、地方銀行にとって中小企業への資金提供は重要な業務であり、また、中小企業にとって地方銀行は大切な資金調達先の1つとなっています。

マイナス金利政策の導入で収益確保に苦しむ金融機関が増えていますが、生き残っていくためには、まず、金融機関の顧客となる企業が儲かる形となることが重要です。

融資では難しいリスクテイクをファンドを通すことでリスクマネーを供給しようとする動きは良い方向に向かっていると思料します。

ただ、これらの資金を活かすことができるのか、また、リスクに立ち向かう経営者がどれだけチャレンジできるかも重要です。

弊社ではリスクにチャレンジされる経営者様をサポート致します。
気軽にご相談下さい!



 


スポンサードリンク



『様々な産業でビジネスチャンス~ドローン~』 [成長産業]

281005-1


農業用及び整備・点検、測量、配送などの分野で活躍が期待される「ドローン」市場ですが、国内外で様々な動きが活発化しています。
そこで今回は、世界的にも成長産業として期待されるドローン関係の情報をいくつか見てみたいと思います。

続きを読む




スポンサードリンク



『様々な産業でビジネスチャンス~ドローン~』 [成長産業]

281005-1


農業用及び整備・点検、測量、配送などの分野で活躍が期待される「ドローン」市場ですが、国内外で様々な動きが活発化しています。
そこで今回は、世界的にも成長産業として期待されるドローン関係の情報をいくつか見てみたいと思います。




水中ドローン

空を飛ぶドローンの自律飛行制御や機体の位置を把握する技術としては主に、GPS(全地球測位システム)が採用されている。
一方、水中ドローンの位置を把握する、「水中ナビゲーション」技術の中核となっているのは超音波と言われている。


水中ドローンでは、電波が海面で反射してしまうためGPSを使うことができない。
一方、音波は水中でも比較的、遠距離まで、また早い速度で移動することができるため水中ナビゲーションシステムに活用されている。

水中ナビゲーションシステムは、世界的にも最先端の技術とされ、米国防総省傘下の国防高等研究計画局(DARPA)では水中ナビゲーションシステムおよび深海測位システム「ポサイドン(POSYDON)」を開発し、早ければ2020年から稼動する計画。
ポサイドンは超音波発生装置が約50台繋がった巨大な超音波ネットワーク。

ポサイドンは、米海軍の「ブルーフィン21(bluefin21)」など、軍事用ドローンのオペレーションに活用される予定。
またDARPAは今後、大型潜水艇や民間用水中ドローンなどにも適用範囲を広げることを視野に入れている。

さらに低コストな水中GPSも開発されている。




ドローンポートの研究

国土交通省は、小型無人機(ドローン)による荷物配送の実現に向け、目視外飛行で安全に自動離着陸が可能な「物流用ドローンポート」の研究開発に着手。

メーカーなど関係者との情報共有を図りつつ、2017年2月に検証実験を実施予定。
政府が「ドローン配送の実現を目指す」としている2018年までに方向性を打ち出す方針。

ドローンの物流への活用には、配送先まで飛行後、着陸して荷物を下ろして再度離陸し、元の場所に戻るという、撮影や農薬散布などでの利用と比べ複雑なプロセスがある。
これを実現するには、目視外飛行かつ無人で、高精度で安全に行うことが求められる。
一方、現在の機体性能では、飛行可能な総重量は限られているため、機体本体の重量を抑えながら安価にすることも必要となる。

目視外飛行での安全な自動離着陸を可能とするため、国交省は交通運輸分野の技術開発の推進を目的とした競争的資金制度(交通運輸技術開発推進制度)を活用。
ドローンインテグレ―ターのブルーイノベーション、東京大学と連携し、研究開発を進めていくとしている。

研究開発の状況を関係者が共有するとともに、物流での活用に関する意見聴取を行うため、ドローンメーカーや物流事業者、関係行政機関で構成する物流用ドローンポート連絡会も発足。

安全確保、事業採算性確保に向けてた議論が行われる模様。
 

281005-2



自治体がドローン操縦者を育成

広島県庄原市は2016年度中に、飛行ロボット(ドローン)操縦者を育成する事業を立ち上げる。
農薬散布や山林調査、橋の点検など地域社会でもドローン活用の場面が増加していることに伴う新事業となる。
地方自治体主導によるドローン操縦者育成を目指す取り組みは全国的にも珍しい。

庄原市内では従来、広域にわたる水田への農薬散布は庄原市も出資する第三セクターの庄原市農林振興公社と連携し、ヘリコプターを使っている。
しかし乍ら、費用がかさむほか、地理的にヘリを飛ばせない場所があるため、農薬散布時にヘリの代替となるドローン導入を促進し、インフラ設備の点検業務など幅広い分野での活用方法を探るとしている。

具体的な事業内容はまずドローン講習を請け負う企業を公募し、2016年秋から2017年3月までの間、約1週間の日程で航空法などの座学と実習を実施する模様。
市内外から参加者を募り、市内の廃校など実際にドローンを飛ばせる実習地の選定を進めている。

庄原市はドローン操縦者育成事業として2016年度一般会計補正予算案に1,780万円を計上しドローンや講習資料の購入費などに充てる。




まとめ

弊社のクライアントでもドローンの操縦士教育や操縦士の活用方法を新規事業として検討されている所があるなど、ドローンのマーケットは幅広い産業でビジネスチャンスが広がるものと思料します。

ご興味をお持ちの方がおられましたら、気軽にご相談下さい!


 


スポンサードリンク



前の7件 | - 成長産業 ブログトップ