So-net無料ブログ作成
検索選択

『決算書理解講座51 私募債』 [決算書]

281228-1


決算書理解講座50では「借入の形態と特色」について説明しました。
今回は、「資金調達の種類と特性2」として、「私募債」について説明したいと思います。

続きを読む




スポンサードリンク



『決算書理解講座50 借入の形態と特色』 [決算書]

281130-1


決算書理解講座49では「在庫の回転」について説明しました。
今回からは、「資金調達の種類と特性」に入り、まずは「借入の形態と特色」について説明したいと思います。



金融機関からの借入れは、手続きが比較的簡単で機動的な資金調達が可能となるため企業においては最もポピュラーな資金調達手段となっています。

資金コストは期間、担保の有無などにより異なるほか、短期・長期のプライムレートを基準とした変動・固定金利によるものや、金利スワップなども組み合わせたものなども増えてきている。



<借入の形態と特色>
■手形貸付(単名手形)
・資金使途は圧倒的に運転資金が多い。
・返済方法は期限一括返済が多い。
・貸付利息は前払いのケースが多い。


■証書貸付
・設備資金や長期運転資金の借入に利用される。
・長期にわたるものが多いため、分割払い方式が圧倒的に多い。
・事業計画や収支予算が重要となる。


■当座貸越
・主として運転資金ないし当座の資金として利用される。
・限度があるため、その範囲内の利用となる。


■インパクトローン
インパクトローンとは、資金使途が全く規定されていない外貨借入(使途制限があるものはタイド・ローンという)で、外国為替公認銀行の外国為替取扱店のみで取り扱える性質の資金調達方法。

企業が多額の外貨建て債権を持っている場合などでは、円高による為替差損発生リスクが存在する。
リスクヘッジの手法はいくつか考えれられるが、外貨建て借入もその1つで、為替変動による影響を借入金と債権とで相殺することで為替差損の発生を吸収する、というもの。


281130-2



■スワップ取引
スワップ取引とは、自らが保有する負債を他人の持つ負債と交換することで、両者が利益を享受できるような仕組みとなっている。

スワップ取引には、①金利スワップ、②通貨スワップ、③カクテル・スワップ(金利スワップと通貨スワップの組合せ)などがある。

■抵当証券ローン
抵当証券とは、土地、建物及び地上権を対象とする抵当権付債権を有価証券にしたものであり、抵当証券会社が債務者(または抵当権設定者)の同意を得て登記所に交付申請し、登記所によって発行される。

抵当証券による資金調達の主なメリットとしては、
・超長期(最長25年程度まで)安定資金を調達できる。
・資金使途の制限がなく、長期運転資金や設備資金、既存借入金の肩代わりに
 利用されることもある。


■リース
リース会社が所有する設備などにリース料を支払うことにより賃貸使用することから「物融」とも呼ばれるもの。

【ファイナンス・リース】
購入資金を借りる代わりにリース物件そのものを賃貸料を支払って借りるもの。
最も一般的に利用されているもので、期間中、当事者は解約できない仕組みとなっている。

【オペレーション・リース】
リース期間中でも利用者が自由に申し出れば中途解約ができる形態のリース。
期間の満了を待たないでリース物件の返却ができる。



他にも、社債の発行や増資(新株式の発行)、割引手形、ファクタリング(債権買取)、支払条件の長期化・回収条件の短期化、など資金調達手段という分野は幅広にあります。

ご理解頂けましたでしょうか?

次回は、今回の説明に折り込んでいない「私募債」について説明したいと思います。
お楽しみに!
 


スポンサードリンク



『決算書理解講座49 在庫の回転』 [決算書]

281026-1


決算書理解講座48では「売掛金の滞留日数」について説明しました。
今回は、「在庫の回転」について説明したいと思います。

続きを読む




スポンサードリンク



『決算書理解講座49 在庫の回転』 [決算書]

281026-1


決算書理解講座48では「売掛金の滞留日数」について説明しました。
今回は、「在庫の回転」について説明したいと思います。



在庫のチェックポイント
 
売掛金と並び流動資産の中で大きな比重を占めるのが「たな卸資産」です。
たな卸し資産の在高、つまり在庫は黙っているとじりじり増えてきます。

営業マンは得意先にいつでもスピーディーに受注した商品を納品したいだろうし、工場関係の人々は、発注があれば直ちに製造に着手できるよう、手元にはなるべく多くの原材料を備えておきたいと考えます。

しかし、たいへんなのは経理です。
在庫の増加=資金の増加、となるからです。
資金を金融機関から調達すれば金利負担も増えてしまいます。

在庫は、経理のチェックがなければ=黙っていれば、じりじりと増えていく方向にあります。

そこで、売掛金の滞留日数を計算したように、在庫についても手持日数、或いは在庫日数を計算してみる必要があります。



例えば、商品とか製品の在庫日数は、
 商品・製品の期末在庫金額÷(年間の売上原価÷365)
とはじきます。

考え方は売掛金の滞留日数と同じで、まず、損益計算書から売上原価の金額を確認し、365で割ります。
すなわち、1日当りの出荷高を計算します。

分子は在庫額です。
在庫額を1日当りの出荷高で割って、何日分の在庫があるのか、ということを調べようというのが在庫日数です。
 

281026-2



前期と比べ、在庫日数が増えているようであればそれだけ「資金負担は重たくなっている」と言えます。

これらの在庫が全て良品であり、近いうちに必ず出荷されるものであれば良いですが、万が一、返品続きや既に時代遅れの商品が含まれているとしたら要注意です。

在庫日数の平均値は業種によって異なってきますが、売掛金の滞留日数も含めた資産の滞留が前期と比べどのようになっているのか、といった点はチェックしておきたいところです。

ご理解頂けましたでしょうか?

「資産内容の分析」は今回で終了し、次回からは、「資金調達の種類と特性」の説明に入りたいと思います。
お楽しみに! 


スポンサードリンク



『決算書理解講座48 売掛金の滞留日数』 [決算書]

280928-1


決算書理解講座47では「預貸率」について説明しました。
今回は、「売掛金の滞留日数」について説明したいと思います。




売掛金の滞留日数を調査する意味

A社の総資産は当期末1,288百万円、これに対し売掛金の残高は252百万円だったとします。

この場合、売掛金は総資産の19.6%、2割近くを占めていることになります。

売掛金が文字通り「売掛金」である以上、いつかは入金の時期がやってきます。
望ましい形としては、納品した翌月、すなわち1ヵ月後に入金、となれば困ることもあまりないかと思います。

しかし、全ての売掛金が綺麗な形でキチンと入金されるとは限りません。
取引先の資金繰りが悪化し、数ヵ月間入金無し、という売掛金があるかもしれません。

バランスシート(B/S)に表示されている売掛金は、会社が期末に所有している売掛金の合計であり、個々の取引先別に表示されている訳ではありません。
(内訳書を見ればわかりますが・・・)

そこで、B/Sの売掛金残高から回収状況がどうなっているのかを判断する指標に「売掛権の滞留日数」を調べる方法があります。


280928-2



算出方法

売掛金の滞留日数=期末の売掛金残高÷(年間売上高÷365)
という式に当てはめて計算すれば調査が可能となります。

計算式だけではわかりにくいかと思うので、具体的に数字を入れてみたいと思います。

仮に3ヵ月決算の会社があるとしましょう。この会社は1月から3月までの3ヵ月間が決算期であるとします。

そしてこの会社は、1月60万円、2月60万円、3月60万円、といった売上を計上していました。
全て掛け売りです。

入金状況ですが、
1月:売上60万円、入金 0円、売掛金残高60万円
2月:売上60万円、入金60万円、売掛金残高60万円
3月:売上60万円、入金60万円、売掛金残高60万円
と、当月分の売上は翌月にキチンと入金されています。

3月末時点の売掛金の滞留日数を計算してみると、
まず、1日あたりの売上高は 180万円÷90日=2万円 となります。
一方、3月末時点の売掛金残高は60万円。
よって、売掛金の滞留日数=60万円÷2万円=30日 
というように計算します。

売掛金の滞留日数は30日=約1ヵ月であると分析できます。

こんな感じで、決算書のP/Lから売上高、B/Sから売掛金残高の数字を
拾うだけで簡単に計算することができます。

売上高が増えると売掛金が増えるのはある意味当然ですが、滞留日数で比較
した場合、滞留日数も増加しているとなれば、回収条件が変わっていたり、
回収状況が悪化している可能性が高いので注意しておく必要が出てきます。

ご理解頂けましたでしょうか?

次回は、「在庫の回転」について説明したいと思います。
お楽しみに!
 


スポンサードリンク



『決算書理解講座48 売掛金の滞留日数』 [決算書]

280928-1


決算書理解講座47では「預貸率」について説明しました。
今回は、「売掛金の滞留日数」について説明したいと思います。

続きを読む




スポンサードリンク



『決算書理解講座47 預貸率』 [決算書]

280629-1


決算書理解講座46では「利益の行方」について説明しました。

今回からは、資産内容の分析へ移り、第1弾として「預貸率」について説明したいと思います。


A社の総資産が402百万円増えていたとして、
その内訳は流動資産の増加154百万円、固定資産の増加236百万円、繰延資産の増加12百万円、計+402百万円となっているとします。

これによると、各資産とも一様に増えていることがわかるかと思います。

次に、流動資産の中で、目立っているものを見てみると
売掛金+132百万円、商品+154百万円、現預金▲100百万円、その他▲32百万円、となっていました。

売掛金及び商品の増加は改めて検討するとして、今回は、現預金の減少部分について検討してみたいと思います。



要因分析

現預金▲100百万円の内訳ですが、現金±0、当座預金▲3百万円、普通預金▲17百万円、定期預金▲80百万円、計▲100百万円となっていたとします。

これによると定期預金の減少が一番大きいことがわかると思います。

定期預金を取り崩して資金不足に対応した可能性が高いのでは、と想像できますが、一方、借入金が増えているとしたら、更に、資金繰りが悪化しているのではと考えられます。

280629-2



預貸率

そこで、預金と借入金の割合「預貸率」を見ることで、要因分析がしやすくなります。

預貸率は
銀行預金÷(短期借入金+長期借入金+割引手形)×100
で計算します。

この計算式で算定した前期の預貸率が54.6%、今期の預貸率が22.5%(前期比▲32.1%)となっていたとすると、資金繰りの相当な悪化が懸念される、と見ることができます。

ご理解頂けましたでしょうか?

次回は、「売掛金の滞留日数」について説明したいと思います。
お楽しみに!
 


スポンサードリンク