So-net無料ブログ作成
検索選択

地域振興・産業振興へ向けた連携協定及び地域支援策~関西~ [融資]




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

『規制緩和で農業の活性化~金融機関の参入~』 [融資]

280720-1



三井住友銀行は秋田県で農業法人を設立すると発表。政府は農業の規制緩和を進めており、農地の集約化や大型化が進むことが予想されます。

農業は金融機関にとってあらたな融資先となる可能性があり、単に融資をするだけでなく、自ら農業に参入することでノウハウを吸収し市場の拡大を狙う。



規制緩和で金融機関も一般事業を兼業

三井住友銀行は、秋田県の有力農業法人や秋田銀行などとの共同出資で「農地所有適格法人」を立ち上げ、農家から農作業を受託したり、農地を借りて農作物の生産を行う。
出資比率は銀行法の上限となる5%しか持てないが、事業全体を主導するとしている。

2016年4月に改正農地法が施行され、企業が農業に参入するための条件が緩和。
一定の条件を満たした農地所有適格法人であれば、農地を所有して農業を行うことが可能で、多くの企業が農業への参入を検討している。

本来は融資が本業である金融機関が、直接農業に乗り出すというのは初めてのケースとなる。

金融機関は、自らが一般事業を行ってしまうと、融資業務との利益相反が起こる可能性があることから、金融機関による一般事業の兼業は法律でも禁止されていました。
それが規制緩和の流れから、現在では異業種参入そのものは可能となったことも背景にある。




農業法人設立の狙い

三井住友行が直接農業事業に乗り出す要因として、今後の新しい融資先として有望なマーケットと判断し、融資に必要なノウハウをできるだけ早く吸収する狙いがあると言われている。

ただ、農業が今後、融資先として巨大市場に成長するのかどうかはまだ道筋がついていないのが現状。
農業の法人化で市場が拡大していくかどうかにも注目が集まる。

日本の農業向け融資は約5兆円で、その9割近くを農協(JA)や政府系金融機関が占める。
こうした閉鎖的な状況を打破し、金融市場が活性化するという効果にも期待が集まる。


280720-2


農業関連融資の増加~佐賀県~

日本政策金融公庫佐賀支店は、農林水産事業の2015年度県内融資実績を発表している。
その内容によると、融資額は49億1,000万円と、2008年の公庫発足以来最高額となった。

このうち農業分野融資額は前年度比6億8,000万円増の44億3,000万円で、TPP(環太平洋連携協定)を見据えた規模拡大や新規就農者への支援が融資額を押し上げた模様。




まとめ

メガバンクによる農業参入のニュースには驚きましたが、新たな資金需要を自ら耕すという動きは業界にとっても非常に良い効果が出るのではないかと思料します。

日銀によるマイナス金利政策も後押ししているのかもしれません。

財務(決算書)や担保(保全)だけでなく、成長産業として期待される事業のノウハウを吸収し、融資に繋がるようになっていけば、日本の新たなエンジンを創り出す追い風になるのではと期待も膨らみます。




スポンサードリンク



『規制緩和で農業の活性化~金融機関の参入~』 [融資]

280720-1



三井住友銀行は秋田県で農業法人を設立すると発表。政府は農業の規制緩和を進めており、農地の集約化や大型化が進むことが予想されます。

農業は金融機関にとってあらたな融資先となる可能性があり、単に融資をするだけでなく、自ら農業に参入することでノウハウを吸収し市場の拡大を狙う。

続きを読む




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

『融資の知識を身につけよう~強制執行~』 [融資]

280617-1


融資の返済が滞ると、担保を入れていれば担保処分による回収が行われますが、担保が無い場合でも貸出債権を持つことから回収を図る方法があります。

国家機関が債権者に代わって債務者に対して義務の履行を強制し、債権者の権利の実現を図るために認められた制度に「強制執行」というものがあります。




強制執行の仕組み

銀行など金融機関が持つ債権は通常債権であり、強制執行は債務者の財産を差し押さえ、次に差押えた財産を現金にかえ、それによって得られた金銭を債権者に交付するという形で行われます。

強制執行をするためには、例えば「被告は原告に対し金○○円を支払え」という確定判決のように、債権の存在、内容、債務者などを公的に証明する書類が必要となります。この書類のことを債務名義といいます。

この債務名義を得るには通常多くの時間がかかるため、その間に債務者が財産を処分することを防止する目的で強制執行に先行して仮差押えを行うことが多い。

強制執行において、債権者は平等な待遇を受けるのが原則です。そのため、複数の債権者がいる場合、先行して強制執行に着手し債務者の財産を差押えたとしても、優先して債権の回収ができるわけではありません。

それぞれの債権者が債権の額に比例して配当を受けることになります。




強制執行の手続き

■不動産に対する強制執行

<強制競売>
不動産を差押えこれを競売し、その代金を執行債権者の金銭債権の弁済に充てることを目的とするもの。

<強制管理>
不動産を換価することなく、管理人に管理させることによって生じる収益をもって、金銭債権の弁済に充てることを目的とするもの。

<抵当権の実行と強制競売>
強制競売とは無担保債権者の申し立てにより、裁判所が競売を実施し、債権者への平等弁済を目的とするもに対し、抵当権実行による競売とは抵当権者の申し立てにより裁判所が競売を実施し、抵当権の順位に従った優先弁済を目的とするもの。

280617-2


■動産に対する強制執行

動産に対する執行は、原則として執行官が実施します。執行官はまず目的物を差押え、自らこれを占有します。
これを競売により換価して、債権者に配当します。


■債権に対する強制執行

債権差押命令は、債務者に対し債権の取り立て・処分を禁止し、第三債務者(差押えの対象となる債権の債務者)に対しては、債務者への弁済を禁止する効力を有する。

銀行などの金融機関は差押命令を受けただけでは融資を回収することはできないため、被差押債権を換価する、つまり債権を取り立てます。

債権者が1名だけの時はよいのですが、既に差押えの対象になる被差押債権について、他の債権者が強制執行を申し立てることが禁じられているわけではないため、同じ債権に対していくつもの差押命令が発令されることもあります。

強制執行は平等を原則としており、差押命令を得た各債権者は取り立てできず、執行裁判所による配当などの手続きを待つこととなります。






 


スポンサードリンク



『融資の知識を身につけよう~強制執行~』 [融資]

280617-1


融資の返済が滞ると、担保を入れていれば担保処分による回収が行われますが、担保が無い場合でも貸出債権を持つことから回収を図る方法があります。

国家機関が債権者に代わって債務者に対して義務の履行を強制し、債権者の権利の実現を図るために認められた制度に「強制執行」というものがあります。

続きを読む




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

『融資の知識を身につけよう~設備投資の種類~』 [融資]

280422-1


設備投資はその目的ないし内容により、生産力増強投資、設備合理化投資、研究開発投資、物流システム整備投資、厚生施設投資などに区分されます。

これらの中には、生産力増強投資や設備合理化投資のように企業の清算や売上の増大、あるいは、コストの削減に直接結びつくものの他、研究開発投資や厚生施設投資のように当面の企業業績や業容拡大には直接関係のないものもあります。

よって、融資を申し込む際、設備投資の目的、内容、その効果はどうか、設備計画が出てきた背景など説明していくことが必要となります。




設備投資の種類

<新規起業投資>
新規創業や新分野への進出を目的として行われる設備投資。

<生産力増強投資>
既存の製造設備を増強し、生産能力を引き上げるために行われる投資。

<設備合理化投資>
従来の設備が老朽化して作業能率が低下してきた場合や、工程数を削減してスピードアップする必要がある場合、人手によっている部分を機械に置き換える場合などに行われる設備投資。

<研究開発投資>
当面の増収やコストダウンには寄与しないが、将来は企業の盛衰を決するような技術や新製品の開発等に対して行われる設備投資。

<物流システム設備投資>
企業の売上増大ないしコストダウンに資する方策の1つとして、原材料や製品の流れをスムーズにし、流通段階での障害を除去するために行われる設備投資。

<公害防止投資>
直接的あるいは間接的に企業業績に寄与するものではないが、社会環境上、企業存続に不可欠な設備投資で廃液、騒音などに関するものがある。

<厚生施設投資>
従業員の安定的確保や福利厚生を目的とし、寮・住宅の建設、保養所の購入・建設等を行う設備投資。

<その他>
本社社屋新増築や営業所の設置、新店舗の開設などの設備投資がある。

280422-2



設備投資計画の検討

設備投資に際しては、その投資が本当に必要な状況にあるのか、規模は適正か、競合他社の動向はどうか、などを総合的に勘案して設備投資計画が妥当かどうか検討する必要があります。

基本的な検討項目は次のとおり。

①需給関係の先行きも見通して、投資効果が期待できるか。

②競合他社の増産計画はあるのか、その結果供給過剰とならにか。

③営業力や人員の確保は十分か、設備増強分と従来設備はバランスがとれるか。

④新設備は今後の技術的進歩に追いついていけるか。

⑤当該設備に関する収益予想は妥当か。

⑥設備投資に伴って生じる運転資金の調達も問題なくできるか。

などがあります。




まとめ

設備資金にもいろんな種類があることをご理解頂けましたでしょうか?

設備投資も将来収益が期待できるものもあれば、収益の上がらないものもあり、それらを内容によって事業計画の組み立て方も変わってきます。

弊社では、事業計画作成等のサポートも行っていますので、何かわからないことなどありましたら気軽にご相談下さい! 


スポンサードリンク



『融資の知識を身につけよう~設備投資の種類~』 [融資]

280422-1


設備投資はその目的ないし内容により、生産力増強投資、設備合理化投資、研究開発投資、物流システム整備投資、厚生施設投資などに区分されます。

これらの中には、生産力増強投資や設備合理化投資のように企業の清算や売上の増大、あるいは、コストの削減に直接結びつくものの他、研究開発投資や厚生施設投資のように当面の企業業績や業容拡大には直接関係のないものもあります。

よって、融資を申し込む際、設備投資の目的、内容、その効果はどうか、設備計画が出てきた背景など説明していくことが必要となります。

続きを読む




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事